香港で新生児の出生登録をしてBirth Certificateを取得する方法

香港で修正登録

この記事では、香港で新生児の出生登録(birth registration)をしてBirth Certificateを取得する方法について解説しています。

初めてだとどうしたらよいか全く分からなくて困ってしまいますが、この記事を読めばバッチリです。

産後でママの体調はまだ不安定ですから、なるべくパパが協力してあげてくださいね。

香港の出生登録はすでに完了している場合はこちら↓

この記事では、香港で生まれた赤ちゃんの日本の出生届を出す方法について紹介しています。 出生届の提出が遅れたり、やり方を間違えた...
香港で生まれた赤ちゃんの日本パスポートの申請方法です。 必要書類がたくさんあり、取り寄せるのに時間がかかるものもあるので、準備...

香港の出生登録は生後42日以内に行うこと

香港の法律により、出生登録は生後42日以内に行わなくてはいけません。

42日は、たったの6週間です。ぐずぐずしているとすぐに過ぎてしまうので気を付けてくださいね。

出生登録は無料です。

が、42日を過ぎるとペナルティとしてHK$140がかかります。
ちなみに、1年を過ぎると登記官の同意が必要で、ペナルティはHK$680となります。さすがに1年も放置する人はいないと思いますが、、、

出生登録の日時を予約する

出生登録は出生登記處で行う

出生登録は、香港にあるいくつかの出生登記處(birth registry)で行います。

birth registryは赤ちゃんが生まれた地域によって定められています。出産した病院でどのbirth registryになるか聞いてください。

Birth registryは出生登記處(birth registry)から調べることもできます。

オンラインで希望日時を予約する

赤ちゃんが生まれると、病院がbirth registryに出生の連絡をします。その連絡が完了を待ってから出生登録の日時を予約します。

予約はオンライン予約から簡単にできます。

病院のスタッフの方が何日に連絡が完了するか教えてくれるので、それを目途に予約を行いましょう。

予約した日時に行けなくなった場合は、1日前までにオンラインまたは電話で変更しましょう。変更可能日は次の日以降となります。

出生登録のための必要書類

出生登録の際に必要な書類は下記のとおりです。

【必要書類】
– 結婚証明書
– 父母両方の香港ID
– 父母両方のパスポートとビザ(パーマネントビザの場合は不要)

結婚証明書

結婚証明書は、中国語か英語以外のものの場合、証明付き翻訳文が必要です。

書類はすべて原本を持参する必要があります。

わたしは、証明付き翻訳文の原本がなくコピーしかありませんでした。出生登録の際、登記官に相当叱られましたが、無理を言って了承してもらいました。このあたりは登記官の判断によると思いますが、早めに準備できるものなので、できれば妊娠中に準備できるといいですね。

回収されるのはコピーだけなので、原本は返却してもらえます。

コピーは、birth registry内にあるコピー機で可能です。その場でHK$20を払うとコピーしてもらえますが、あらかじめコピーを持っていく方が賢いですね。

予約した日にbirth registryで出生登録を行う

出生登録はQueenwayのbirth registryで行う可能性が一番高いと思うので、ここに住所を載せておきます。

Pacific Placeのすぐ隣のビルです。

The Births and Deaths General Register Office
3/F, Low Block,
Queensway Government Offices,
66 Queensway,
Hong Kong

ここ以外の場合は、出生登記處(birth registry)で確認してください。

出生登録には赤ちゃんも母親も行かなくてよい

出生登録は、母親、父親のどちらかだけで行けばOKです。

赤ちゃんも連れていかなくて大丈夫です。

ママは出産直後でまだ体調が回復していないでしょうから、できればパパに行ってもらえると助かりますね。

両親が未婚の場合

父親、母親が2人そろって出生登録に出席する必要があります。2人ともが同意すれば父親の名前がbirth certificateに載ります。片親のみで出生登録した場合、父親の認知が裁判所マターとなり複雑になってしまうそうですよ。

わたしのときは、自分の番までの待ち時間が20分程度、出生登録自体は30分程度で完了しました。その後、birth certificateの発行までに15分程度かかります。

1部HK$140です。念のため2~3枚はもらっておくと何かと役に立ちます。

まとめ

以上で、香港で新生児の出生登録とbirth certificateの取得が完了します。

このページを読んでくださっているあなたはおそらく赤ちゃんのために日本国籍を取ってあげますよね。香港で生まれた赤ちゃんの日本の出生届を提出する方法と、香港で新生児の日本パスポートを申請する方法を参考に、早めに準備をすすめてくださいね。

外国籍もあわせもつ場合、3ヶ月以内に日本の出生届を出さないと日本国籍を失ってしまいますのでお気をつけて!