職場の外国人とコミュニケーション。日本人がやりがちな間違いとは?

外国人と上手にコミュニケーション_20180618

外国人と一緒に仕事をすると、毎日が誤解の連続。

どうしてもこんなにもたくさんのミスコミュニケーションが発生するのでしょうか。

この記事では、職場の外国人と話すとき、日本人がやってしまいがちな間違いと、それを防ぐ方法について書いています。

外国人とのミスコミュニケーションのほとんどは、言語の違いから生まれるものではありません。

本当の誤解の原因は、いったい何なのでしょうか?

職場の外国人とのコミュニケーションが上手くいかない理由

外国人とのコミュニケーションが上手くいかないのは、外国人である相手に、あなたの言いたいことがきちんと伝わっていないからです。

言いたいことが伝わればそもそも誤解は起こらないわけですが、では、なぜ、あなたの言いたいことが伝わらないのでしょうか?

日本人は空気を読む

日本人は、空気を読みます。

空気を読めない人はKYなどと呼ばれることから分かるように、空気を読めることは人間関係の大前提です。

だから、日本人どうしで会話をするときは、話している側だけでなく、聞いている側の理解する能力が求められます。

1を聞いて10を知る能力ですね。

会話は、話す側と、聞く側。両者の協力によって成り立っていると言えます。

ちなみにこれを、ハイコンテクスト文化と言います。

それに対して外国人は

外国人は、基本的に空気を読みません

正確に言うと、国によって空気を読む度合いは異なるのですが、日本ほどに高レベルで空気を読む文化をもつ国は他に見当たりません。

聞き手が空気を読まないので、話してご10を教えたければ、1から10まで教える必要があります。

つまり、会話は、話している側の伝える能力がほぼ全てを決定すると言っても過言ではありません。(特に欧米で顕著です。)

日本人どうしの会話と、外国人の会話は、根本的に成り立ちが違うのです。

そして、日本人であるあなたはその違いに気づいていない。

それが、あなたの伝えたいことが相手に伝わらない原因です。

よく、外国人と話すときには自分の意見をはっきり言おうなどと言われますが、その背景にあるのが空気を読む・読まないの違いというわけですね。

主張するだけではNG

そうか、でははっきり伝えよう!と日本人が初めてこれをやると、高確率で失敗します。

日本人は自分の意見をはっきりと主張することに慣れていないためです。

そのため、外国人を前にして、いざ主張しようとすると、やり方を間違えてしまう人が多いのです。

一歩間違うと、相手を怒らせてしまうこともあります。

はっきり言うというのは、「お前なんて嫌いだ」などというように、何でもかんでもありのまま伝えることとは違います。

また、「お前のやり方は間違っている!」と頭ごなしに否定するのも違います。

外国人に伝わる話し方

では、いったい外国人とはどのように話せばよいのでしょうか。

わたしが提案するのは、外国人に向けて、外国人に分かりやすく話そうとするのを、あえていったん忘れる方法です。

そして、日本人の得意技である「空気を読む」力を全開で発揮させるのです。

つまり、日本人であることを最大限に利用するわけですね。

逆説的に聞こえますが、私は、外国人とのコミュニケーションにおいてこそ、日本人は日本人であることを活かすべきだと思います。

外国人の真似をするより、日本人として鍛えられた能力を活用するほうが理にかなっていると思いませんか?

どこの国の外国人にも応用できる

それに、外国人たちがどの程度空気を読むかは、育った国の文化によって相当の違いがあります。

韓国人などのアジア人はかなり空気を読みますし、アメリカ人などはほとんど読まない人が多いです。

ということは、アメリカ人には1から10まで説明したほうがよいでしょうが、韓国人に1から10まで説明してはやりすぎかもしれません。

ちょっと話が長すぎ、とイラっとさせる可能性が高いですね。韓国人には、1から3くらいでじゅうぶんでしょう。

大切なのは、全てをはっきりと話したり、自分の要求を強く主張したりすることではありません。それより、相手がどこまでを理解しているかを常に気にすることが重要です。

相手の反応を敏感に感じ取るようにすれば、難しいことではありません。

外国人の同僚がチームワークを無視した仕事をするのでイライラする! と思ってはいませんか? 分かります。私もイライラしてい...

ネガティブな内容の伝え方

やみくもに「はっきり言う」のは、ネガティブな話をする際に特に失敗しがちです。

例えば、あなたが上司で、外国人の部下にあまり良くない評価を伝えなくてはならないとき。

はっきりと伝えることだけを意識して、悪い点や改善するべき点だけを言うのはNGです。

海外では、悪い評価は、良い評価と合わせて伝えるのが一般的です。

「この部分は非常に良い出来で、とても助かる。そしてこの部分も、素晴らしい。君は本当に優秀だ。ただ、この部分については、やり方を変えて、もうちょっとこのように行ってもらえるとさらに助かると思っていて、、、(ここから悪い内容に入る)。」

こんな感じです。

特に、空気を読む習慣がない国の人に顕著ですが、悪い点のみを伝えると、どんなに和やかに伝えたつもりでも、言及のあった悪い点が「全て」と思ってしまいます。

だから、巧みに良い点を織り交ぜて、悪い点を伝えるのがポイントとなるのです。

良いフィードバックも伝えよう

ビジネスシーンでは、ある行動に対して、周囲の人が伝える評価や感想をフィードバックと呼びます。

社内だと、上司や同僚があなたの業務に対し、出来・不出来などを評価してあなたに伝えることです。(ある商品やサービスに対して顧客からもらう意見もフィードバックです。)

このフィードバック、日本人は悪いフィードバックばかりを伝えがち。

たとえチームにいる同僚がいつも協力してくれて助かっている場合も、なかなかあなたが感謝する機会がありません。

日本人どうしだと、普段の何気ない会話や付き合いで、こちらの感謝はかなり伝わる場合が多いからです。

でも、外国人の場合は、自分が上司や同僚から評価されているのかいないのか、言葉で説明されないとよく分からないことが多いようです。

こんなに貢献しているのに、何の報いもない!と思われてしまうことも。

少し気恥しくても、外国人にはきちんと良いフィードバックも伝えてあげましょう。

「あなたのスキルは非常に高い。特に〇〇のスキル!このスキルは他の誰も持っていないスキルで、チームの仕事に不可欠なもの。あなたがいないと業務が回らないわ。いつも協力をありがとう。本当に感謝している。」

というように。

イエス、ノーをはっきり

これもよく言われることにひとつですが、外国人からの質問にはまず、イエス、ノーをはっきりさせて答えましょう

私はもう何年も外国人たちと仕事をしているのに、いまだにイエス、ノーがあいまいだと言われます。

何かに対して「ノー」を出すときに、相手にショックを与えないようにと余計な配慮をしてしまうせいか、結論ではなく理由から話してしまうためだと思います。そのうえ、「ノー」を言うのが怖くて、最後まで「ノー」の言葉自体は言えなかったりするのです。

大半の日本人に対してはそれでも大丈夫だと思います。が、多くの外国人が相手のときは、それでは何分も話をした後にも結局イエスなのかノーなのか分からない状態のままです。

相手も自分も時間の無駄ですよね。

イエス、ノーを答える際の注意

ただ、ここでも、ストレートに伝えすぎてはNGの場合があります。

たとえ外国人相手でも、相手を傷つけてはいけません。人間なのでプライドがあります。

上でも紹介したネガティブな内容の伝え方を参考にしてみてくださいね。

まとめ:

今回の記事では、職場の外国人と上手くコミュニケーションをとるための方法について紹介しました。

はっきりと自分の意見を主張したり、イエス・ノーを言ったりすることに慣れていない私たち日本人には、そのさじ加減のコントロールが難しいですね。

私は、外国人と話すときでも、基本的に日本人は日本人らしくあるべきだと思います。

ちなみに、外国人を理解するのに非常に役立つ本があります。

私の長年の理解できなかった外国人たちの思考や行動を、霧が晴れるように解き明かしてくれた本です。

The Culture Map : Decoding How People Think, Lead, and Get Things Done Across Cultures(洋書)

エリン・メイヤー氏の書いた本で、職場だけでなく、外国人の夫婦など家庭でもとても役立ちます。

(私の場合は、夫がどうしてこんなにも分からず屋なのか学術的に理解できたせいで、日々のいら立ちが少し和らぎました。)

洋書のおすすめの買い方は別ページで説明していますが、英語で書かれた本を読むのがイヤなら、下記。

この記事では、洋書を安く、しかも送料無料で買うための方法について紹介します。 洋書って、本屋で買うとなぜかすごい高額だったり、...